スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業奮闘記 英語:長文読解

私の生徒の英語の成績は、数学ほど悪くないです。
他の教科と比べると、むしろ良い方なんですが、ちょっと問題がありまして。


① 英文を読んでも、日本語に訳す習慣がない
  ⇒ 単純な和訳問題でも、がつくおそれがありそうなくらい、変な日本語を書く

② 英文の中に分からない単語が1つでもあると、(場合にもよりますが)全く訳せなくなる
  ⇒ 分からないところをさしあたり読み飛ばす、などが出来ない原因

長い英文を見ただけで精神力を消耗する
  ⇒ 途中で疲れて、読解も回答も適当になる

④ 圧倒的な語彙不足
  ⇒ 問題文に訳が付してある単語以外に、分からない単語が多すぎ

いやはや、どれもこれも致命的ですねぇ。
①は、生徒が英会話を習ったことによると思われます。
「会話」なわけですから、喋ったことをいちいち丁寧に訳して書くわけがありません。
それでいて、相手の話した内容はなんとなく理解し、返答をすることができる。
…というのが、本人の面倒臭がりな性格と相乗効果を発揮し、こんなことになったのではないかと。

②は、私も以前そうだったのですが、
意味の分からない単語があっただけで、もうテンパってしまうんですよ。
焦り、緊張、不安、あと虫食いのある自分の読解が気に入らなかったり。
とくにテスト中なんて拍車がかかってしまいます。

③と④にいたっては場数度胸が全然足りてません!(①も②もそうですが)

とにかく、これらの問題のうち出来るだけ多くを改善できそうな課題・宿題をどうやって作るのか、
ちょっと考えてみたんですけど…

結局、
「生徒に個人的にしたい話」をなるべく簡単な英文で書いたものを和訳させる
ことにしました。

いきなり 「自然な日本語で訳せ」 と言われても無理だと思うので、
 ・和訳の語の組み立て方の参考になるよう、回答例をつける
 ・難しい単語は下に訳を付しておく(学力テストなどもそうですね)

のようにしたのですが、さすがにこれだけでは甘すぎるので、
 ・覚えて欲しい文法を毎回出す
 ・覚えて欲しい単語を毎回出す
 ・とくに文法に従った回答例文に(文法の名前)を書いておく。
 ・生徒のオリジナル回答を見せてもらう(講師のコメント込み)

今まで、強行突破でものを覚えさせることに成功したためしがないので、
「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」 的に、
ストレスを抑えながら、英文を読んで日本語を書くことに慣れてもらえるように作りました。
もちろん、英文の内容は生徒にとって興味深い内容に。
ちゃんとやってもらえるかどうか、に大きく影響しますので。(私の場合)

努力の甲斐あってか、生徒は面倒なはずの宿題をバリバリやってくれています。

効果があらわれるかどうかは、もう少し続けてみないとわかりません。(笑
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/7-bf2f1b43
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。