スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武者震い

最近、よくする。

気持ちの悪いもんでもない。


それは「腕が鳴る」のとは少し違ってるらしい、
というのが今の私の見解。
もしかすると、負けたり失敗したりするのが怖い・・・
ってのも、あるのかもしれないんだけど。
それだけじゃあ武者の震えに至らないんじゃないか。

己がこれから、何をするのか。

そしてそのどこに何を感じて震えるのか。


武者っていうのは、たぶん戦とかで人とかを斬るような。
(↑すげぇやる気ない言い方)
たぶん、仕事が来れば何かを斬らねばならない。
でも、斬らねばならないことに恐怖を感じただけじゃ、
武者震いは来ないような気がする。

まちがいかも、しれませんけーどね~(脱力


たぶん、やろうと思えば、斬れる。

斬ることができる。

己に出来ることの大きさだとか、
あるいは受け容れ難さ・・・?
とにかく、自分の可能性に畏れを感じるような。

つまり・・・


人は武者震いに震えるそのとき、

「可能的な自分」と向き合っているんじゃないか。



なーんてな


とっとと寝よ
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/375-e68d0e83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。