スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1冊読了

20070331230004
珍しく本を流し読みしました。
その理由は・・・

とくに主題の重要性について述べられている箇所で、
歴史上の人物名が膨大な数で挙げられてたりするんですが。

私のような初学者に対してその重要性を説明するには、
挙げられた個々の人物についての解説が、あまりに足りなかった。
聞いたこともない名前に、下手すりゃ国籍と所属ぐらいしか書いてない。
で、そういった箇所で著者の意図をちゃんと汲むためには、
おそらく初学者では及びもつかない程の猛勉強が必要です。
だから、いちいち細かく読んだところで読み取れない。


少しは理解できた箇所もありましたが・・・
そのために必要であろう知識は一般常識とは言えないなあ、たぶん。

私そんなこと言うほど鬼畜じゃねぇし


まあとりあえず、著者が物好きなのはわかった。
残念なのは、著述の大部分が主題の歴史的重要性について割かれ、
キケロー本人の思想の解説は思ったほど多くなかった点。

でもまァ

本の3分の1程度かもしれませんが、
私の目的に適う内容があったので、これでよし・・・か?

うーん




他の本も読まにゃ全然駄目だな

\(^O^)/
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/370-f5239e35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。