スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体がガタガタ

う、うう・・・・・


(;´Д`)y-~


全身が疲れでギシギシ言ってますよ・・・


昨日は午後6時まで仕事をし、7時半あたりから10時近くまで生徒に勉強教えました。
高校課程の授業、いきなりぶっつけ本番で出来るのかどうか心配でしたが。


まずは化学。


テスト範囲は酸化還元・電池・ファラデー定数・クーロンのあたりでした。
もうわたし超ニガテなんでどうしようかと思いました。
まあ、生徒が言うには酸化還元のところは前回のテストと被ってたらしいので、
「自分で出来るのでいいです」、っていうことで良かったんですけど。
結局昨日やることになったのは、蓄電池とかそのあたりです。


だけどね、月曜テストだって言われても・・・


いやあ、必死に教えましたよ。
思い出すの大変でしたが、どうやら私は応用問題までは解けたようです。
×年ぶりに手をつけたのに・・・←現役時代の方が頭悪かったんじゃねぇの自分
ただ、生徒がファラデー定数とかのあたり全然覚えてなかったんですよ!
とにかく、電池の正極・負極で起きている化学変化を言葉で言い表せるようにしてもらって・・・
そんで極板の質量の増減を即座にモル数に変換できるように、
析出したり溶けたりする金属と電子とのモル数比を出せるようにしてもらいました。
そのあとで、電子のモル数からファラデー定数を使って電気の量を出してもらって・・・・


そういう問題の解き方の順序から。


化学はそこが出来ればなんとかなりそうだったんで、たぶんこれでいいでしょう。
まったく、資料集の内容も殆どわかってなかったとか・・・学校の先生は何やってんだゴルァ


で、次に数学を教えました。


教えようとした、ってのが正確な言い方でしょうかね。
だって・・・・・無理だったんですよ。
だって、単に私が数学ニガテだとか生徒がニガテとかじゃなくて。


数学のテスト範囲が正味で95ページ!!!!


馬鹿にしてんのかゴルァ!


そうですよ、テスト範囲が全部で教科書95ページ分あるってことなんですよ!
数Aの教科書なんですけどね。


1回のテストで数Aほとんど全部ですよ!


自分でいくらか問題は解けてるようでしたし、時間も無かったので・・・
とりあえず問題集の例題・A問題をテストまでの間に完璧に解けるように
と助言して生徒には帰ってもらいました。


だって時間ないしそれしか出来ないでしょう!


てゆうか、生徒の学校の数学担当教諭・・・・・・
これは、これはバレちゃまずいでしょう。

1回のテストで数A全部なんて、そんな話聞いたこともないですよ!

ていうか、う うッ


うちの子に、


何してくれとんじゃああああああー!



数学教諭ゴルァーーーーー!
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/345-d9860d8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。