スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この物語はフィクションです3

2月25日


明日から単独行動を開始する。
明日、1つ目の自主研修先へ出向くことにした。
そこで施設の所長にアポイントメントを取ろうとしたが、
携帯電話の番号を変えたらしく、つながらない。
そういえば、彼は年甲斐もなく携帯電話を頻繁に変える、
根っからの新し物好きだった。

また携帯電話を変えたな、しかも番号まで。

彼とは以前から互いに顔見知りで、それほど気を遣う仲でもない。
不在でさえなければ急に出向いても困ることはないだろう。
しかし出張が多い彼のことだ、とんでもない遠方に居ないとも限らない。
下手をすれば、海外に・・・
まあいい、明日施設に行ってみればわかる。
もし所長が不在であれば、職員に伝言を頼んでおこう。

その前に、あらかじめ手に入れておいた「予習本」をよく読んでおかなくては。
新商品開発の勉強のために借りてきた本だ。
アマチュア用の入門書なのでそれほど当てにしてはいないが、
いざという時には、それをベースに地道な実験を重ねるしかない。


いざという時、か。

おそらく明日会うつもりでいる所長は、
私が開発しようとしている商品の品目については、詳しくない。
駄目もとで、試作の経験があるかどうか訊きに行くだけだ。
もし詳細な書籍や資料があるのならば、とも思うのだが、
それもあまり期待は出来ないだろう。

そこで2つ目の自主研修先だ。

ここには、今まさに試作をしている研究員がいる。
問題の品目について色々と調べて回っているらしいのだ。
さすがに情報が乏しく、研究員は方々に協力を呼びかけている。
それを知ることになったのは、まったくの偶然からだが・・・
共同研究とまではいかないにしても、積極的な協力が期待できそうだ。
ただ、面識が無いのが多少のネックか。

あの所長なら、そのことについて何か耳にしているかもしれない。
それも駄目もとで訊いてみよう。
どちらも駄目なら、それこそ手探りでいけばいいというだけのこと。
いずれにせよ、単独でなんとかできる範囲の案件だ。
急ぐことはない、急ぐことは・・・


あの会合は、とうとう明日にまで迫ってきた。

午前中から夕方までの間に研修先へ出掛け、
夜は会合に出席することになる。
外出を伴う単独行動に、これほどの時間を費やしたことはない。
私は一体、どこへ向かって歩こうとしているのか・・・


まあいい、やってみればわかる。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/337-3c2c0abf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。