スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業奮闘記 Homeworkkkkk! - After the 模擬試験 shit!!!

==<英語>=============================

「単純な語彙不足」があきらかなネックでしたので、

  模擬試験の問題英文を全文訳せ


以前書きましたが、個人的にしたい話を英文で書いた宿題を出したのが幸いし、
生徒はかなり長い英文を目の前にしても、それほど抵抗を感じなくなっています。
それに加え、自分が選んで払った努力に自信をもつことを覚え始めたようなので、
まずは自分に何が必要なのかを、実感をもって知ってもらうことにしました。

___________________________________________________
講師:「じゃ、それ宿題だからね。」
生徒:「・・・はいっ。」

講師:「・・・・・・もちろん楽だとは言わないよ? どう見ても少なくないから。
生徒:「はい・・・」

講師:「でも、これぐらいの長さの文だったら、×××ちゃんはもう一人でもできるよ。
     ・・・自分でもそう思うでしょ?」
生徒:「うん♪

講師:「知らない単語なんて調べれば分かるし、覚えたら調べる必要なんてない。
    ほんとうに足りないのはそれだけだと思うから、自分で実感してみて。」
生徒:「・・・はいっ! じぶんでやってみます。」
__________________________________________________

・・・あの子は本当に強くなりました。

いえ、もちろん次回(予告なしの)単語テストを実施し、
自分でも語彙を増やす努力を行っているかどうかを慎重に見極めつつ、
今後の学習に語彙強化を組みこむ割合を考えることにしましょう。



==<国語>==============================

「テンパったのが原因で10点近く落としていた」ので、

  模擬試験の問題を全部解きなおせ


厳しいことを言うようですが、これは
「一度見ただけの試験内容は思い出せないような子」 にしか効果はないでしょう。
これは何のためかというと、要するに
落ち着いて問題文を読めばどんだけ点数が上がるか確かめてみろ
ということです。

前から思っていたんですが、
生徒は別に学校以外で受ける試験に、単に慣れていないということではないようです。
進学塾での模擬試験を何度も受けていますし、校外での英検受験も少なくありません。

これは、土壇場で自分を信用できないことが原因ではないかと思われます。
自分の実力に自信がなければ、
いくら場慣れしていても、平常心での受験など到底できないでしょう。

なので少しだけ時間をおき、
今度は実際の入試過去問題を本試と同じ形式で解いてもらいます。



==<その他>============================

講師が授業を行っていない範囲が「とにかく弱い」ので、

段階を踏んだ練習問題を腐るほど解け


他の教科は、学校が効果的に段階を踏み外す授業をしているだけなので、
これはただ、基本から復習すれば良いことだと思います。

理科の先生はこんな感じだし、学校の社会なんて

地理と歴史を交互かつバラバラに学習する

Bull shit カリキュラムを組んでいるので、これらの教科については事実上、
学校で学習した範囲はまったくあてにできません

数学もそうですが、
学校でしか扱わなかった範囲は、段階的な学習をすることで改善できる
ことが立証できているので、あとはもう
残り時間で講師がどれだけの範囲をカバーできるか
ということにかかってくると思います。

ええ、わかってますよ。


責任、重いです。 (;´д`)、
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/30-c5a4b813
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。