スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗北宣言

私をはじめ、我々の会社の人間は完全に負けました。
会社が潰れるって意味じゃないですよ。
潰れたのは、潰えたのは、我々の理想です。
手詰まりながらも、まだ他の方法があるかもしれない、
そう思っていたのに、実は全員がそれぞれ別の方法で手詰まっていた。
まあ、会社自体はこれからも続きます。
良くも悪くも、恐らく今までよりうまくやっていくことでしょうね。

“おかげさまで”

クソったれが。

良いものを安く売ったって、買って欲しい人々の興味を引くことはなかった。
試食用の商品を携えて、頑張って安くした商品を並べ、
地域のイベントで一生懸命宣伝したって駄目。
はじめに来るのは何の罪もない子どもたち。
試食品を見て喜んで食いまくる。
その後大人たちが来て、用心深げに試食しては説明もまったく聞かず、
しかも散々タダで食って、商品には一瞥もなし。
そもそも、値段にも品質にも興味なし。
良くても「おいしい」、と言って終わり。
試食品は綺麗に無くなる。
商品は殆んど売れ残る。

いつも安く買い叩こうとする業者ばかりが群がって、
馬鹿みたいに安く買おうとするから断るしかない。
ちなみに安く買い叩いてもクソ高く売る。
しかもバカ売れ。
売れるからいくらでも安く買い叩こうとする。
うちには安物だから売れよみたいな態度で、客には高級品だって言って売る。
恥ずかしいが、うちは損さえしたことがある。
クズだから売れよと材料を買い叩き、客には高く売る格式高い店。
高級なファンがいて普通に萎えた。
もちろん、彼らに本当のことなんてとても言えない。
ドラマ並みの実態。

まともに買ってくれる業者は、末端価格を買い取り価格の2倍で小売り。
まともな対応、まともな価値観、相場観。
つまりうちより高く売る。
しかもそれがバカ売れ。

もっと酷いところもある。
どんなに少なく見積もってもうちの10倍で売ってる高級料理店。
料理したにしてもその値段はキチガイ並み。
同じ料理、多少高いものでもせいぜいその半分ぐらいの値段が相場だけど。
それでもバカ売れ。
その料理屋でうちを知った人が問い合わせて言うには、

『私共のような一般の者にも売って頂けるのでしょうか?』

お前、寝言は寝てから言え。

普通の人に買って欲しくて頑張ったって、来るのは金持ちばっかり。

一生懸命安くした値段を見て、『あら安いわね』とか言って簡単に買い占める。
地元で宣伝したって、来るのはわざわざ探して遠方からくる人ばっか。
遠方から来れる人ばっか。
当たり前だけどこういう人って、そもそも値段の心配しない。

一方買って欲しい客層の人々には、
『あんたらどうせ儲かってんでしょ』と大っぴらに妬まれる。
貴様うちの値段見たことあんのか。
他の値段見たことあんのか。
だいいちこの値段でどうやって儲けろってんだよ。

まともに買ってくれる人も、まともに評価してくれる人も、
まともじゃない値段で買える人ばっか。

馬鹿くさくなってきた。

“おかげさまで”

これからは、人並みに儲けましょうか?

お望み通りの結果になりますが。

それでも不満すか?

うちを拒んだのは、そういう人々なんですよ。
現実に、ね。
だからやり方を変えなくてはならない。

“おかげさまで”
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/227-bee6816c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。