スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴料金500円

授業の帰りに隣町の温泉でくつろぎました。
独りで温泉行ったのなんて、もしかして初めてかも。
ていうか初めて。
そこの施設はわりに新しくて綺麗で、お風呂も休憩所も広く、
そのうえ大きめの分煙機が、囲いなしで設置されてます。

らぐじゅありぃいやっほぉう!

脱衣所には結構たくさんの人がいて落ち着かなかったんですが、
そんな気分は思ってたより早く、湯煙に溶けてなくなりました。
閉館は11時らしかったので随分とくつろぐことができましたよ。
1時間くらい温泉を楽しんでました。
もう露天風呂入って半身浴でございます。

でもなんか、これ湯治しに行ったって感じ。(笑
首を回して、肩を回して、「うぇ~ぃ」。(爆

頭の中を色々なことがよぎったりしました。

独りで隣町の温泉に、しかも車を運転して来たということ。

おじいちゃんの「金魚のフン」だった頃のこと。
親がついてないと何処にも行けなかった頃のこと。
突然独り暮らしをはじめた頃のこと。
あの頃は何処にも落ち着けなかったけど、
たくさんの事に手を出したのは、居場所が欲しかったからなのかなぁ。
結局、その3年間には何も残らなかったりして。

それからもっと遠く離れて。
もっともっと遠く離れて。
離れたことさえ忘れて。
忘れるように努めて。
でもまた思い出した。

植物図鑑を抱えたあの金魚のフンは。
過保護に育てられた臆病者は。
何処にも落ち着けなかったあいつは。
何もできなかった大馬鹿野郎は。
いまは笑ってるんだろうか。
それとも泣いてるんだろうか。

あ、生徒のことですが。
もー化学全然わかってなくて焦りましたが、
教えたらよくわかってもらえたみたいです。
よかった。
でもなんか他の教科も壁だらけみたいなので、
「何かあったらいつでも呼んでね」
と言っておきました。

それにしても、やっぱ高校生って大変です。
人間関係、部活、自立欲、勉強にオシャレ。
その3年間で、たったひとつでも「糸口」をみつけることの困難。
そりゃ当然疲れますし、やりすごしたり逃げたり休んだりできます。
そうしたって、時間は勝手に経って卒業できますからね。
でもあの子には、そうなってほしくない。

意思さえあれば、何があろうと、何もかもが力になる。
だから、諦めるな!
絶対に諦めるな!
それだけは、必ず伝えたいんです。
だからね、私は行きますよ。
いつでも。
金なんか、いらないです。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/225-95c333d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。