スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷う

会員制ブログ、mixi内でフラフラと漂い、
ふと思い立って自分の出身校のコミュニティを検索してみました。
そしたら、あった。(笑
何気にメンバー700人いるし。(爆

そこまでは普通なんですが、
メンバー欄にあきらかに見たことのある顔が。

会社の取引先のお姉さん・・・。

マジか。

高校同じ。

しかも××歳だったんだ。

全然そんな歳に見えねぇ・・・(汗

予想年齢と8歳ぐらい違った。

さておき、この取引先の御婦人。
わりと命賭けてる仕事ぶりが、私は大好きだったりします。
あんまりお話した事はないですが。
実直極まりないあたりが滲み出ていて、なんともいえず良い感じなのですよ。
で、ちょっと興味がわき、この人のウェブ上での色々を読んで脱帽。

仕事に命賭けてるのは本当臭いです。
そう納得するには十分すぎました。
多少尊敬してた(でも滅多にあることじゃない)のに、
それでさえ私は随分あの人をナメてたんだな、と痛感。

やべえ。

すげえ。

命賭けすぎ。

マイミクシィを申し出ようかなあ。
どうしよ。
私ったら偽名使ってますし。

迷う・・・・・!

あっ。
ちなみに。
命を賭けるということは、命を危険に晒すことではないですよ。
必ずしも同じではないでしょう。
かなり前に、これを履き違えて死んだ人が居たみたいですね。
どうでもいいですけど。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです。
バイト帰りのカキコ。

オイラも同じような経験が・・・。
WEB上で名前晒すって、やっぱ勇気要りますよね~。
自分にはムリかも(仕事に命かけるのも)
「命賭ける」の程度がどのくらいなのか気になります。
よかったらうっすら教えてください。

お久しぶりでございます。

命かける、の程度ですか。
うーん、上手く説明できるかどうかはわかりませんが・・・
行動が逐一実直なのですよ。
運送屋さんが手違いをして、
うちの会社や一般のお客様に迷惑をかけたときとか、
普通に運送屋さんとケンカするんですよね。
ケンカっていうか・・・それだけじゃないんですけど。
取引先や、お客様のためにやっていることがすごいんですよ。
すごく快活な人で、真剣さが行動に表れている印象を受けますし、
仕事をしている姿を見ていてすがすがしいんですよね。
なんか、そんな感じ。

で、ウェブ上ではその人、
複数の場所で個人情報を出してまで仕事してました。
顔、名前、出身地や会社の所属、経歴など、
多くの場所でさらした上、
全部仕事に結び付けているんですね。
仕事以上の公も私も無いような感じ。

私はそこに、さらにびびりました。

あと。
さらに考えました。

あのですね、お姉さんは、
好きで仕事をしているんですよ、多分。
好きで好きでしょうがない感じです。
美味しいものが好きで、探すのが好きで、
それを伝えるのが好きすぎて日常も仕事も一緒なんですよ、多分。

で、そんな人なら他にもいるかもしれないんですが、
この人には自分なりの正義があって、それを貫いているように見えるんですよね。
私には。

そのあたりが、何か・・・・
私と似通った感じがするんですよ。

たぶんこの人は、この人の正義に反してお客様に迷惑を、
かけるべきでない迷惑をかけることがあったものなら、
たとえ神が相手でもケンカするんじゃないだろうか。

・・・と、そんな気がするわけです。

なるほど。

自分は社会に出たワケではないのですが、
そういう人間に出会ったことがあります。
側で見ていると「スゲーなんだこの人」と思うのですが、本人は至って普通であって、逆に本人に指摘することは迷惑な気がします。
いわいる「信念」の形成後の話であって、例え間違っていてもその「信念」を奪うってコトが、その人にとってどうゆうコトか考えると、コワイ気もします。
うまく言えないですが、例えるならば「田舎の正義」といったところでしょうか。
自分も田舎出身なので、都会に来てしみじみ思うのですが、正しくもあるけど間違ってもいる。
手放しにすごい。
まぁ、「スター・ウォーズ」ですね(笑)
ぎゃー何言いたいんだか全然わかんないや。

手放しにすごい。
うーん、なんとなくわかりますよ。
感覚で。(笑
ただですね、

>「信念」の形成

これ、私はちょっと違う考え方です。
信念を持っている人、持ちたいと願っている人、いろいろいると思いますが・・・
ぶっ壊されればぶっ壊されるほど強くなるようなものが信念だと私は思います。

たとえば、「正しさ」について考えるとですね。
完璧に正しいものなんか世の中には無いので、
多分みんなそこで悩んだりしてるんじゃないかと思いますが・・・。
とにかく、その正しさがぶっ壊されたりぶっ壊されそうな目に遭うたびに、
人は自分の中にある「正しくない面」に向き合う羽目になるはずです。
しかし、それでも貫き通す理由があるならば、
自分だけの「正しさ」はもっと強くなるもんじゃないですか。
ですから・・・

>その「信念」を奪うってコトが、その人にとってどうゆうコトか考えると、コワイ気もします。

何度奪われても、何度壊されてもなくならないものの方を、
私は信念と呼ぶことにしています。
どうでしょう。

うんうんなるほど。
納得のいくお答えありがとうございます。
壊れちゃうようなのは「まがい物」なんですよねー。
多分死ぬまで続ける作業なんですが、どっかで安心したい小心者の自分がいます。

誰だってはやく安心したいですよ、きっと。
私だってそうです。

まあ、せめて死ぬ時には自分を認められるようになりたいですよね。

なんて、願ったり。(笑
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://quicksand.blog28.fc2.com/tb.php/215-088930b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。