スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまいもの探し

20070725015804
勉強(何の?)も兼ねて、食べ物の雑誌を読んでいたんですけどね。
これでよくわかりました、もう納得しきりましたよ。


雑誌ごときに、物凄く旨いものが出るわけねー


ただ、旨いものを売ってる店が載ることはあるんですよ。
しかしダントツに旨いものはなかなか取り上げられていない。
雑誌から発信されている記事で最も重要なのは、話題性だからでしょうね。

ジャンル分けしてたくさん並べられた店情報のなかに、
たいした宣伝文句もなく、とっつきやすそうな商品だけ載せられて、
玉石混淆のごとくいい店が紛れこんだりはしてます。
が、そんなもん見ただけじゃ普通の店と見分けつかんですからねえ。
いい店自体稀にしか混じってないし。
(↑地元付近地域(わりと広め)の情報誌を読んだ)
つまるところ、『クソもアテにならん』と言って差し支えないでしょうねえ。


なんだかなあ。

観光客向けのパフォーマンスかなあ。

テレビなんかもそうですが、メディアの取材自体、
取材された方にとってあまりメリットがないってのも、
いい店や旨いものがあまり公に出ない理由かも知らんです。
取材のせいで、店の雰囲気や注文のマナーをまったく知らない客が、
短期間にどっとわいて来て嵐のように過ぎ去るとか、
そういうことをメリットとして受け止められるような、
そんな形態の店なんか、限られてるに決まってるじゃないですか。
おまけに取材する側は当然のごとき態度でタダ飯食らって帰るとか、
話によく聞きますが、そんなもんいったい誰が喜ぶってんでしょう。

以前は、取材する人はあまり舌が肥えてないのか、
とも私は思ってましたけども。
そうじゃなくて、たぶん味はさほど問題ではなかったんですね。
むしろ集積情報としての雑誌のなかで、
本当に極上のものを大々的に扱うことの方が問題でしょう。
取材された方はリピーターてんやわんやで生活リズムが乱れ、
取材されなかった同業者は、恐らく別の意味で大変な目に・・・


あーもー、やめたやめた


早い話が、他人から食べ物の情報を集めるなら、
コアな業者か食べ物が趣味のリアルセレブに聞けばよくて、
でなきゃ自分の足で探すのが一番いいってことですね。


涙が出るほど旨いものって、なかなか見つからねーな・・・
スポンサーサイト

ぷんぷん!

最近不法侵入多すぎ!


いったい何考えてんだゴルァ!!!



アレですよアレ。
どっから来たんだか知りませんが、よそ者の山菜採りの連中。
私も最初はね、そういう不法侵入をする人たちって、
山の中とか荒れた藪とかを、私有地だって思わない人たちだと思ってたんですよ。
私有地っぽくない場所だから、きっとわからないで入ってしまうんだなあって。


たとえば、こういうところとか。

現場付近

・・・でも。


以前このブログに「山菜採り・不法侵入」っていう検索語で来た人がいたとき、
その検索サイトをアクセス解析からたどってみたことがあったんです。
そしたら、確信犯の日記みたいなのとかが多数ヒットしてるじゃないですか!
もしかして、駄目かもってわかっていながら不法侵入してる人、多いんですか。


いえね、最近うちでも・・・


明け方とかえらい早朝にうちの近くを車が通るんで、変だなと思ってたんですよ。
森林組合の人たちは7時から作業するって決まってるし、
実際その時間きっかりにそれらしい別の車がちゃんと来てます。
以前来てた山菜採りのよそ者連中は、
近所の人が追い払って以来、日中には見かけなくなったんで、
もしかしたら諦めて来なくなったのかと思ってたんですが。
この間の明け方、ふらっと外に出てみたら・・・該当する不審車に遭遇。


そいつら、山菜採りでした。


駄目だってわかってて・・・・見つからない時間に来たんですね。
現在もよく晴れた日のえらい早朝には不審な車が来ます。
はい、私はいまものすごく腹が立っています
ええと、うっかり素になってしまうくらい腹が立っています


貴様ら、もう許さんぞ・・・


やつら、正直害虫より質が悪いです。
「あれ?誰か来たな」と思って見ていると、見る間に数が増えていきます。
そして地主の気付かないうちに、資源は枯渇していきます。
やつらには資源を採っている意識がないんでしょうか。
頭が悪すぎて、山菜なんていくらでも出てくると思っているんでしょうか。
あるいは、ちょっとぐらい採ったって影響はないと思ってやってるんでしょうか。


そういう馬鹿が沸いたら、


とりあえず駆除すべきですよね。



自然が多く残るうちの近所でも、山菜は年々減る傾向にあります。
とくに車から見える場所や、容易く人が入れるような場所からは激減しています。
その原因は一般一個人であるよそ者山菜採りたちだ、
というのは、いまやどこの農村でも当たり前の見解であり事実です。

私、これからしばらく早起きします。
あるいは夜更かしします。
まあ不審な車が来る時間は大体起きてるんで、なにも問題ないでしょうけど。


次に不法侵入者を見かけたら、


通報しようと思います。


ていうか通報します。必ず通報します。



さて、私に通報されるのはどんな人でしょうね。
とても楽しみです。
たぶん人生の色々なことを後悔すると思います。

己の無知と無力を恥じながら、自分の人生を後悔すればいいんじゃないですか。

そういうところをつつくのは得意ですから―

愛・カボチャ計画

カボチャさんを育てよう!


と思い立ったのは、たしか去年の冬あたりだったような。
それで今年の春、園芸店にてカボチャさんの種を買ってきたのです。
その種をポットに18コ植えたところ、たったの3コしか芽が出なくて・・・
植えたのは5月下旬、どうやら気温が低かったのが原因みたい。


その3つの苗がこれ↓です。

カボチャさんの苗


せっかく芽が出たんだから、露地植えしなきゃ!

というわけで、先日露地植えしました。
たしか、小学校で習ったところによると・・・
間隔をあけて盛り土をした上に植えてたんですよね。
で、そのやり方で植えようとしたんですが・・・

畑、狭いよどうすんの!

「母か誰かが他に何か植えるかもしれないし、どうしたもんかなあ・・・」
と思案した結果、端っこにつつましく植えようということにしました。
車庫で発見したスコップを担いで、いざ露地植え。

もりもり

えっさ、ほいさ

もりもりもり・・・

わっせ、わっせ

ぺたしぺたし


ふひー、はひー・・・(疲


で、なんとなく小学校のとき習った通りにひとりでやってみました。
水をやって、完成したのはいいんですけどね。
なにぶん素人のやることなんで、後で玄人からいろんな指摘を受けてしまいました。
玄人っていうか、両親から。(笑
ほんとはもっと間隔をあけて、盛り土の斜面を緩やかにした方がいいみたいです。
それと、誰かが何か植えると思って端っこに植えたんですが、
もっと広く植えてもべつに不都合はなかったんだって・・・。


「ま、まあ今年はこれで勘弁してよ・・・」


植えるときの教訓は来年生かしましょう。
はじめからうまくいくわけがないです。
カボチャさんは好きだし、来年もまた植えればいいじゃないですか。
カボチャ好きが高じて突然植えだした変な人扱いをされましたが・・・

今年はこれで、れっつ・カボチャさん!

行者にんにくの季節ですね

しばらくの間、この記事がトップに来るように日付をいじりました。


最近、以下のような検索キーワードでこのブログにいらっしゃる方が激増しています。

「行者にんにく 食べ方」
「行者にんにく 調理法」
「行者にんにく 保存法」
「行者にんにく 醤油漬け」
「山菜 行者にんにく」 etc...


季節柄、ですねぇ。


というわけで、全国の行者にんにく大好きさんへ、
そして全国の行者にんにくってどうやって食べたらいいのさん、
はたまた行者にんにくが採りたいんだようさん達へ、再びご案内。

↓行者にんにくは、こちらですよぅ~

行者にんにくのススメ ― 採取編
行者にんにくのススメ ― 調理編

日記らしい日記

お隣さんの家から4Lほど牛乳を貰いました。
安焼酎のでっかいペットボトルに、一杯。

ちょっと頼んで、分けていただいたもので。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。