スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体がガタガタ

う、うう・・・・・


(;´Д`)y-~


全身が疲れでギシギシ言ってますよ・・・


昨日は午後6時まで仕事をし、7時半あたりから10時近くまで生徒に勉強教えました。
高校課程の授業、いきなりぶっつけ本番で出来るのかどうか心配でしたが。


まずは化学。


テスト範囲は酸化還元・電池・ファラデー定数・クーロンのあたりでした。
もうわたし超ニガテなんでどうしようかと思いました。
まあ、生徒が言うには酸化還元のところは前回のテストと被ってたらしいので、
「自分で出来るのでいいです」、っていうことで良かったんですけど。
結局昨日やることになったのは、蓄電池とかそのあたりです。


だけどね、月曜テストだって言われても・・・


いやあ、必死に教えましたよ。
思い出すの大変でしたが、どうやら私は応用問題までは解けたようです。
×年ぶりに手をつけたのに・・・←現役時代の方が頭悪かったんじゃねぇの自分
ただ、生徒がファラデー定数とかのあたり全然覚えてなかったんですよ!
とにかく、電池の正極・負極で起きている化学変化を言葉で言い表せるようにしてもらって・・・
そんで極板の質量の増減を即座にモル数に変換できるように、
析出したり溶けたりする金属と電子とのモル数比を出せるようにしてもらいました。
そのあとで、電子のモル数からファラデー定数を使って電気の量を出してもらって・・・・


そういう問題の解き方の順序から。


化学はそこが出来ればなんとかなりそうだったんで、たぶんこれでいいでしょう。
まったく、資料集の内容も殆どわかってなかったとか・・・学校の先生は何やってんだゴルァ


で、次に数学を教えました。


教えようとした、ってのが正確な言い方でしょうかね。
だって・・・・・無理だったんですよ。
だって、単に私が数学ニガテだとか生徒がニガテとかじゃなくて。


数学のテスト範囲が正味で95ページ!!!!


馬鹿にしてんのかゴルァ!


そうですよ、テスト範囲が全部で教科書95ページ分あるってことなんですよ!
数Aの教科書なんですけどね。


1回のテストで数Aほとんど全部ですよ!


自分でいくらか問題は解けてるようでしたし、時間も無かったので・・・
とりあえず問題集の例題・A問題をテストまでの間に完璧に解けるように
と助言して生徒には帰ってもらいました。


だって時間ないしそれしか出来ないでしょう!


てゆうか、生徒の学校の数学担当教諭・・・・・・
これは、これはバレちゃまずいでしょう。

1回のテストで数A全部なんて、そんな話聞いたこともないですよ!

ていうか、う うッ


うちの子に、


何してくれとんじゃああああああー!



数学教諭ゴルァーーーーー!
スポンサーサイト

ぎゃぁあああああ

きましたよ、生徒のオーダー。


親御さんからメールが入って・・・ええ、ついさっき。


す、数学と理科!!!!!


ぎにゃああああああああーーーー
今だから言えるけど・・・・・
私は高校時代、数学と化学フル履修して単位もとってますが、


私、内実は偽物理系なんですよー!


嗚呼、数学化学は超ニガテ・・・
だけど国・英・生物はかなり得意・・・・ってお前文系行けよ
それは先方にも十分言ってあったんですけど。
生徒が中学の頃、数学と理科を教えたら成績上がっちゃったのが、
心ならずも実績になってしまったということでしょうか。
そりゃあもう私がちゃんと予習とかしてたからってのもあるでしょうし、
教えていたのが中学生の範囲だからなんとかなったってのもあるでしょう。
でも今回は、高校課程の範囲ですよ・・・・・


しかも本業じゃないし突然にとか勘弁してよ!


うわあー うわあー

予習できないのにそりゃあないぜ。

生徒はいい子だから会って話すのは楽しみだけど。

えー どうすんのーも~


うわー

生徒に呼ばれた

あの子に呼ばれました。


いやあ、どうしたもんでしょうね・・・・
だってテスト期間もう始まってるんですよ。
しかも急に明日来ますっつったって・・・私もいま、仕事立て込んでますからねぇ。
せめてもうちょっと早く呼んでくれれば良かったんですけどね。
だって、急に呼ばれても私予習できないし。
まあ先方はそれでもいいって言うんですけど。
いくら授業料がタダだといっても、そりゃあ私は嫌ですよ。


それだけじゃなくて、問題は・・・


私が履修してない教科は教えてくれって言われても無理なあたりでしょうか。
ええと、日本史・物理・地学は確か取ってないので、まったくわからないはずです。
何を教えたらいいかは、あとで親御さんの方からメールがくることになってますけど・・・


ああ不安だー

腐アンダー

ちょっと嬉しかった・・・

最近授業はやってないんですけどね。


かなりの時間差ではありますが、生徒の親御さんから色々報告が入っていたんですよ。
まず、以前教えた化学のテストのこと。(大分前ですねぇ
私が教えたところと、生徒の親父さんが教えたところだけは大丈夫だった、
と言う風に報告を受けておりました。
それっていいのか悪いのか・・・・・・・


あと、これ私的に大事なことなんですけど。


なんか、最近ですね、生徒が生まれて初めてクラス1位を取ったとかで。
(たぶん夏前後に行ったであろう)模試の国語の答案なんですけど。
点数はそんなに高くないとの事ですが、進学クラスで1番の点数だったのだそうで。
親御さんからは・・・・
私が教えに行った頃から国語が出来るようになったためだ、と言われました。
つまり生徒が中学2年生のときですね。
ですのでその時間差ってどうよ・・・などと思ったのですが。
親御さんから「先生が来る前は国語全然駄目だったんだから!
と言い張られてしまいました。


うーん、私、何かやったっけ・・・・


思い返したんですが、たいしたことはやっていないような気もしますねぇ。
自作の説明文を使って国語の授業やったりも、ちょっとはしましたけど・・・
やっぱ、生徒と話をするときの話し方に気をつけたあたりがよかったのかもしれませんね。
まあとにかく、よかったです。

私の講師

仕事の関係で昔通ってた塾の講師と会う機会があったりして。
まさにものすごい偶然。


今はその人塾講師じゃないんだけど。


だから色々訊いてやりましたよ、ええ。
なにせ訊きたいことたくさんあったもんですから。
塾に通っていた当時のことを、いろいろね。
たとえば地元の公立高校向けの特別講習会とかで、
なぜ関東の私立高校の過去問なんか解かされなきゃならなかったのか、とか。
まあ、私は余裕で解けませんでしたけどね。
しかも十数名の250over生徒が集まって一人も解けてませんでしたけどね。
更に上のクラスに比べたらたいしたこと無いメンバーだったのもあったんでしょうが。
それはさておき、とにかく・・・・・


その理由を説明していただきましょうか、と。


Ves  : あれ、なんか意味あったんすか?

元講師 : ん? ない。

Ves  : ハァ? ・・・まあ解ける生徒誰もいませんでしたからねぇ

元講師 : うん、 解ける先生もいなかったもん

Ves  : おい待てやコラ

元講師 : 俺は嫌だから、その授業依頼全部断った

Ves  : はあ、そうだったんですか

元講師つーかあんなもんやったって意味ないだろ。

Ves  : ないですね。


まあ、どうもそういうことだったみたいですね。
なんとなく想像してはいましたが。
泣きながら解こうとした×年前の私が哀れだ・・・。(苦笑
当時の私は毎日深夜まで予習を試みましたが、とくに数学、死ぬほど解けない。
さすがに灘の過去問はなかったけど、それでもとりあえず死んだ。
まず、設問の意味がどうやっても理解できない。
しかもそんなもん、解けない先生が教えたって解けねーよ。
そりゃ泣くわ。


ていうか、おい先生よ。


元講師 : ぇあ?

Ves  : ぇあ? じゃないっすよ。

元講師 : あの講習、ここ(地元)のクラスだっけ?

Ves  : いや、毎日車で本部に通ってたんですけど。

元講師 : あ、そうだったんだ。

Ves  : ・・・・・・・へっ。

元講師 : あーあ

Ves  : はは。


ふざけるなバカヤロウ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。